知らないと恥をかく 七五三の常識は一覧こちら

知らないと恥をかく 七五三の常識は一覧こちら

【目次】

● 七五三を早生まれはいつやるの?

● 七五三 初穂料

● どうしたらいい?七五三のお祝いとお返し

● 後悔しない!七五三の写真撮影

● 3歳? 5歳?男の子の七五三

● 七五三で恥をかかない!親の服装の選び方 

● 七五三の前撮り・後撮りのススメ

● 七五三 神社選びとお参りのマナー

● 和装派?洋装派?七五三の衣装選び

● 可愛い七五三の髪型・ヘアアレンジ術

● 七五三の基礎知識 起源とお祝いの意味

● 2015年(平成27年)の七五三 日取りと年齢早見表

● 七五三の事前準備とスケジュール いつ何から始める?

● 七五三とは?を子供向けに!由来や千歳飴の豆知識も!

● 七五三のお参りの時期はいつがいい?9月でもいいの?

● 七五三の母親の服装マナー!スーツと着物どっちがいい?髪型は?

● 男の子の七五三はいつ?数え年と満年齢のどっち?

随時更新していきます♪

 

 

 

七五三衣装レンタル 京の夢小路

 

 



男の子の七五三はいつ?数え年と満年齢のどっち?

■□■ 男の子の七五三は「いつ」にするのか知ってますか? ■□■

 

最近は朝晩が涼しくなってきており、
季節は夏から秋へと変わりつつあります。

 

子供の秋の代表的な行事といえば、七五三などが
ありますが、なかには七五三を何歳でするのか、
わからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

七五三というので7歳、5歳、3歳でするのだと
いうことが想像がつきますが、男の子と女の子で
お祝いする年齢が違うのをご存知でしょうか?

 

そこで今日は、「男の子の七五三はいつするのか?」また、
「年齢は数え年、満年齢のどちらで数えるのか」などの
ついて調べましたので紹介します。

 

 

■□■ 七五三の意味とは? ■□■

 

 

そもそも、七五三って、
どういう意味があるのでしょうか?

 

ちょっと調べてみると、
次のような意味があることが分かりました。

 

●3歳(男の子、女の子)
髪を伸ばし始める髪置(かみおき)

 

●5歳(男の子のみ)
男の衣服である袴を着る袴着(はかまぎ)

 

●7歳(女の子のみ)
女の子の着物帯の装い始め 帯解(おびとき)

 

昔は3歳で言葉を覚え、5歳では知恵がついてきて、
7歳では歯が生え変わるなどで幼い時に病気になりやすく、
また、様々な危険があり、命を落とす子供が多かったようです。

 

 

そこで、子供の健康と健やかな成長を
祈願するようになったのが七五三だそうです。

 

しかし、最近では子供を思う親の愛情表現の
ひとつとしての意味合いが多いようです。

 

また、七五三は通常神社で行われますが、
最近ではお寺などでも行われています。

 

 

■□■ 男の子の七五三はいつするの? ■□■

 

 

男の子はいつなのでしょうか?

 

男の子の七五三は3歳と5歳でします。
(ちなみに女の子は3歳と7歳)

 

しかし、近頃では3歳を省いて、5歳だけすると
いうのが一般的になっているようです。

 

七五三は、あなた方の両親達も楽しみにしているはず
なので、男の子の場合は3歳でするかどうか、
両方の両親に相談するのがいいでしょう。

 

 

■□■ 七五三の年齢は数え年、満年齢のどっちで数えるの? ■□■

 

七五三は3歳、5歳、7歳で祝うといっても、
年齢は数え年と満年齢の数え方がありますよね。

 

さて、どっちの年齢で数えるのでしょうか?

 

七五三の年齢ですが、昔は数え年で
祝うことが多かったようです。

 

しかし、現代においては満年齢で
お祝いする家庭が多くなっています。

 

また、年齢が近い兄弟や姉妹で、上の子供が
満年齢で七五三を祝うのに、下の子供は数え年で
共に祝うという場合も多いようです。

 

 

■□■ 早生まれの男の子の七五三はいつすればいい? ■□■

 

1月から3月に生まれた子供は早生まれと呼ばれますが、
七五三はいつすればいいのか迷ってしまいますよね。

 

早生まれの子供の七五三ですが、今年にやるのか、
来年にするのか、どちらが正解なのでしょうか?

 

正解を言うと、どちらでも構いません。

 

どちらにするかは、地域や家庭の事情で
決めたりと様々で正解はないのです。

 

家系にこだわりなどがある場合を除き、
その家の都合を考慮して決めればいいと思います。

 

やはり、七五三は子供が主役なので
子供に合わせた時期にお参りするのがいいですね。

 

例えば、仲の良い同級生が5歳で七五三をする場合、
5歳の同級生と一緒に4歳ですれば喜ぶと思います。

 

また、3歳で七五三をする場合であれば、早生まれだと
まだ3歳になっていないので身体はまだ小さいです。

 

その上、オムツがとれていなかったり、
衣装を着るのに身体の負担が大きいようです。

 

だから、もう1年待って3歳半くらいになっていれば、
笑顔も簡単に撮れたり、体力的にも余裕があるので、
親子共々、楽しい七五三をすごせるでしょう。

 

 

■□■
2015年以降3年間の七五三の
年齢早見表を作ってみました。
■□■

 

◆2015年(平成27年)に七五三を迎える生まれ年

2015年七五三年齢早見表

年齢   数え年               満年齢
7歳   平成21年(2009年)生まれ    平成20年(2008年)生まれ
5歳   平成23年(2011年)生まれ    平成22年(2010年)生まれ
3歳   平成25年(2013年)生まれ    平成24年(2012年)生まれ

◆2016年(平成28年)に七五三を迎える生まれ年

2016年七五三年齢早見表

年齢   数え年              満年齢
7歳   平成22年(2010年)生まれ   平成21年(2009年)生まれ
5歳   平成24年(2012年)生まれ   平成23年(2011年)生まれ
3歳   平成26年(2014年)生まれ   平成25年(2013年)生まれ

◆2017年(平成29年)に七五三を迎える生まれ年

2017年七五三年齢早見表

年齢     数え年            満年齢
7歳   平成23年(2011年)生まれ   平成22年(2010年)生まれ
5歳   平成25年(2013年)生まれ   平成24年(2012年)生まれ
3歳   平成27年(2015年)生まれ   平成26年(2014年)生まれ

 

 

■□■ 最後に ■□■

 

自分の子供の七五三はいつすればいいのか、
分かりましたでしょうか?

 

 

先述のように、地域や家庭の事情などによって
様々なので、一番いいのはあなたのご両親に
相談するといいでしょう。

 

たぶん、相談してくれるのを
心待ちにしていると思いますよ。

 

 

七五三衣装レンタル 京の夢小路

 



七五三の母親の服装マナー!スーツと着物どっちがいい?髪型は?

■□■ 「七五三に隠された親の思い」 ■□■

 

七五三の由縁について、皆さんは
どのくらい知っているでしょうか?

 

七五三は、まだ飢餓や病気などによって子供の死亡率が
とても高かった時代に作られたお参りをいい、
7歳、5歳、3歳の成長を祝うものとして親しまれてきました。

 

そんな七五三のお参りは、もちろん子供だけが主役と
いうワケではなく、それを祝い、神様に感謝すべき
大人もきちんとした礼装で行く事が求められます。

 

そこで今回は、初めての子供の七五三に参加するに
あたってのお母さんの服装について調べてみました!

 

いつまでもすこやかに子供が育ってほしいと
いうのは、今も昔も変わらない親の
愛情が成せる業なのですね。

 

 

■□■ 七五三に着ていく服装はスーツ?着物?パンツはダメ?? ■□■

 

ついつい子供の準備ばかりをすすめていたけれど、
よくよく考えたら自分も着るのを決めなくちゃ!
と焦るものです。

 

ドレスコードとしては、だいぶ昔に比べて全体的に
催しごとがカジュアルになってきた事から、絶対に
こうする!という親御さんは減ってきたといわれています。

 

敢えて守らなくてはならないというのなら、

 

 

●夫婦、親子間での服装の格を合わせる
つまり服装がみんなバラバラになる事を避けること。

 

お子さんには基本晴れ着と呼ばれる絵が
入った着物を着せるでしょう。

 

お母さんは本当なら着物がいいとお舅、お姑さんといった
祖父母からいわれるでしょう。

 

しかし、これに関しては最近の風潮的に
そこまでこだわらなくていいといわれています。

 

とりあえず、夫婦間だけでもバラバラに
ならないよう気をつけたいものですね。

 

 

●神社であるということ

 
神様の前に出るというのが前提だと思えば、やはり
かしこまった格好をしなくてはと思うかと思います。

 

ここではとりあえず、本来作業服とされている
ジーンズ、露出度が高かったりセクシーな服、

 

膝の出る服、サンダルやミュールといった
一般常識的に考えた服さえ避ければ無難でしょう。

 

かしこまりすぎなければワンピースでも構いません。

 

また、パンツスーツはだめ?という質問が
多く見受けられましたが、年齢によっては

「抱っこ~」や、走り回る我が子を捕まえなくては
ならないという試練がある事から仕方が無いのでは?と
いう意見も少なくないようです。

 

が、これはあくまで少数意見なので、
出来れば控えたほうがいいのかも。

 

 

■□■ 七五三の服装に適した色とは? ■□■

 

男性ならば大体黒いスーツに白シャツに
明るいネクタイというのが一般的なようです。

 

女性もこれに合わせるのであればスーツにし、
ノーネクタイのパパならばワンピースでも
いいといわれています。

 

色としては、やはり子供の服を際立たせてあげるのが
一番なのであまり明るすぎないのが無難。

 


グレー
ベージュ
オフホワイト

 

といった色を選び、華やかさが気になるようであれば
コサージュなんかを合わせるといいようです。

 

 

■□■ マタニティーの七五三お参りに適した服装 ■□■

 

マタニティーの場合は、どうしてもお腹が冷えない事と
窮屈にならない事が大切なので、基本的に
以下の2つを選択する方が多いようです。

 

●マタニティーフォーマル
妊婦用のスーツの事を指しますが、値段もなかなかだし、
着る期間も限られているという事でよほど行事が
立て込んでいない限りは選ばなくてもいいかも。

 

 

●ワンピースにジャケット
まぁ、季節を考えても一番無難かもしれません。

 

動きやすいので上の子とも難なく触れ合えますし。

 

普段着で行く、なんて方も居ましたが、これに関してはNG。

 

あくまで神様に感謝とその後の成長をお願いしに
行くのですから、出来れば常識の範囲での正装を
するのが望ましいといえるでしょう。

 

ちなみに、参拝となるとどうしても10、11月
という肌寒い季節となりますから、出来るだけ
温かいインナーを着用していきたいですね。

 

 

■□■ 七五三に適した髪型とは? ■□■

 

着物にするにしてもスーツにするにしても、
やはり髪型も悩みどころの1つですよね。

 

ここでもあまり派手にならない程度に抑えるのが
大事なので盛りすぎには注意しましょう。

 

アップスタイルにしても軽く巻いてあげるくらいで
いいかと思いますし、悩んだら美容室で
していただければ悩みも解消します。

 

ショートの場合はブローするだけでも充分ですが、
悩んだ場合には少し編みこんでみたり飾りピンを
入れるだけでもだいぶ雰囲気が変わります。

 

 

■□■ 最後に ■□■

 

 

育児をしていると、ついつい子供の事ばかり気にして
自分はおざなりになってしまいがちですよね。

 

でも、あくまで主役は子供!と気負わず、
自身もそれなりに飾りましょう。

 

やはり親はここまで子供を育て上げたという
実績があるわけですし、今後の成長を考えると
しっかり行事はおさえたいもの。

 

あくまで子供が主役の行事とはいえ、
引き立て役=影の主役として子供が可愛く見えるよう
自分もきちんと着飾っていきたいですね。

 

 

七五三衣装レンタル 京の夢小路

 



七五三のお参りの時期はいつがいい?9月でもいいの?

七五三って、本来は11月15日の「七五三の日」に
神社へお参りするものらしいですね。

 
しかし、近頃では11月15日が平日などで都合が悪い場合、
その家族の都合の良い日に変更してお参りされています。

 

七五三のお参りの時期は、両方の親の都合などもあるので、
日を決めるのが難しいですよね。

 
そこで、今日は「七五三のお参りの時期はいつ頃がいいのか?」、
また、少し早いが「9月に七五三をしてもいいのか?」などについて
調べましたので紹介します。

 

 

■□■ 七五三のお参りの時期はいつからいつまで ■□■

七五三のお参りの時期ですが、
正式には11月15日に行うものです。

 
しかし、近頃では各家庭の都合などを考慮して、
お参りやお祝いが行われることが多いようです。

 
一般的には10月の中旬を過ぎた頃から、
11月中旬までの時期で七五三のお参りや
お祝いをされる家庭が多いです。

 
だから、先述の時期の内、七五三のお参りに参加される方々の
都合が良い日で時期を決められたら良いと思います。

 

 
■□■ 七五三のお参りの時期は9月でもいいの? ■□■

 

なかには10月や11月が出産と重なり、
七五三のお参りに行けない方々もいらっしゃるようです。
 

そのような場合は9月に七五三のお参りに
行ってもいいのでしょうか?

 
以前は数え年でお祝いするのが殆どでしたが、
最近では満年齢でお参りするのも多いようです。

 
また、9月はまだ暑い日も多いので、
慣れない着物を着るのも大変だと思います。

 
だから、その年は子供と近くの神社にでも
賽銭をもって無事に成長できるようにお参りだけに行き、
来年に七五三をずらせばいいでしょう。

 

 

 
■□■ 七五三のお参り!午前と午後のどっちがいい? ■□■

 
七五三のお参りですが、午前と午後の
どちらでも構わないようです。
なかには、
「神社にはお昼を過ぎてお参りするものではない」と
おっしゃる方がいらっしゃるようです。
しかし、そんなことはありません。
ただ、あまり遅くなると神社の祈願やお守りなど、
全てが閉まってしまうので、何時まで受付を
してもらえるのか、前もって確認しておきましょう。

 
■□■ 七五三のお参り!仏滅は避けたほうがいい? ■□■

 

七五三のお参りで家族や親戚などの都合の良い日が
仏滅だった場合は日を変えたほうがいいのでしょうか?

 
おめでたいことをするのに、大安の日が良いと
思っている方が多いので、七五三も大安の日に
される方が多いと思います。

 
私も、調べるまでは「仏滅の日に七五三はダメに
決まってる」と思っていました。

 
しかし、大安や仏滅といった六曜は人が考えた
占いのようなものらしいです。
だから、神様や仏様には全く関係がありません。

 
よって、七五三のお参りは仏滅を避ける
必要はないし、気にすることもないようです。

 
とは言っても、ご両親など、実際は気にする方も
多いので、可能な限り仏滅を避けるほうがいいと思います。

 

 
■□■ 最後に ■□■

 

いかがでしたでしょうか?
七五三のお参りの時期ですが、最近は昔と違って
結構自由になってきているようですね。

 
でも、あまり早すぎたり、遅すぎたりすると
人も少なく、寂しい七五三になってしまうかも
しれません。

 
だから、一般的に七五三でお参りする人が多い、
10月中旬以降から11月中旬くらいがいいでしょう。

 
楽しい七五三になるといいですね。

 

 
七五三衣装レンタル 京の夢小路

 



七五三とは?を子供向けに!由来や千歳飴の豆知識も!

■□■ 「七五三とは?」を子供向けに説明できますか? ■□■

 

もうすぐ七五三の季節がやって参りますが、
あなたのお子さんは今年、七五三をしますか?

 

もし、今年に七五三をするなら、お子さんに
「七五三って何?」って尋ねられたら、
答えることができますか?

 

頭のなかでは分かっていても、いざ七五三を
子供向けに説明するとちょっと難しいですよね。

 

そこで、今日は「七五三とは?」を子供向けに
どうやって説明したらいいのか、また、
七五三の由来や千歳飴などについて紹介します。

 

 

■□■ 「七五三とは?」を子供向けに説明 ■□■

 

「七五三って、なぁに?」って、子供から
尋ねられたら、ちょっと困ってしまいますよね。

 

簡単に説明するなら、
以下の3行だけでいいでしょう。

 

七五三とは、7歳、5歳、3歳をむかえた子どもの
成長を祝って、神社などにお参りして、
これからも元気に育つようにお祈りする行事なんだよ。

 

そして、もう少し詳しく「七五三とは?」を
子どもに教えたい場合は、下記のことを
教えてあげるといいと思います。

 

昔の七五三は、3歳のときに男女の両方、5歳で男の子、
7歳で女の子をお祝いしたこと。

 

しかし、現在では女の子が3歳と7歳で
男の子は5歳のときだけお祝いするのが
一般的になっていること。

 

また、昔は数え年という、生まれた年を1歳と数えて、
正月のたびに1歳ずつ増やしていく年の数え方の年齢で
歳を数えてお祝いしていたこと。

 

しかし、今は満年齢で歳を数えて七五三を
する家庭が多いこと。

 

お参りする日は昔、11月15日と決まっていましたが、
現在はその家の都合に合わせて七五三を
する家庭が多いこと。

 

 

■□■ 七五三の意味を子供向けに説明 ■□■

 

七五三の意味を子供向けに説明するには、
以下のようなことを説明してあげるといいでしょう。

 

◆七五三の意味
昔は今では簡単に直せる病気も、
治し方が分からなかったので、子供が生まれても
たくさんの子供が亡くなっていたこと。

 

だから、七五三というのは元気で
生きていられることを神様に
感謝する意味があること。

 

男の子と女の子では七五三をする歳が違い、
女の子の場合は3歳と7歳、男の子の場合は
3歳と5歳になること。

 

何故、上記の歳かというと、
それぞれの歳になると以下のような儀式を
する風習があったからということ。

 

◆髪置(かみおき)・・・3歳の男女
初めて髪の毛を整える儀式です。

 

昔の子どもは3歳まで髪を剃り、
3歳になって初めて髪を伸ばし始めます。

 

◆袴着(はかまぎ)・・・5歳の男の子
男の子が初めて袴(はかま)をはく儀式です。

 

◆帯解(おびとき)・・・7歳の女の子
女の子が初めて帯を結ぶ儀式です。

 

 

■□■ 千歳飴のあれこれ ■□■

 

七五三のお祝いに欠かせないものといえば
千歳飴です。

 

千歳飴を持った子供の着物姿は可愛くて、
微笑ましいですよね。

 

千歳飴は紅白の棒状になった飴で、
子供の健やかな成長を喜び作られました。

 

飴を引き伸ばして作るので、長生きするようにとの
意味が込められ、別名「千年(せんねん)飴」とも
呼ばれています。

 

この千歳飴には、どのような意味や
由来があるのでしょうか。

 

●千歳飴の由来

千歳飴は元禄時代に江戸浅草の飴屋の七兵衛が、
考案して売り始めたとされ、長生きを願って
長い袋に千歳飴と書いたのが始まりとされているようです。

 

神社に参った帰りにおみやげとして持ち帰り、
近所などに配ったのでした。

 

 

●千歳飴の意味

千歳飴のちとせは「千年」という意味をもっています。

 

子供の健康と健やかな成長を願って長く伸びるという
意味とともに、長寿を願うという意味も込められているのです。

 

●千歳飴の食べ方

 

千歳飴って長いので、そのまま食べさせても
途中で飽きてしまいますよね。

 

縁起物ですので折ったり、切ったりするのは
あまりおすすめはできません。

 

では、どうして食べたらいいのでしょうか。

 

ひとつの方法として、溶かしてから牛乳と
一緒にミキサーすると美味しいそうです。

 

また、ビ-フシチューなどの煮物に入れると
コクがでて美味しいらしいですよ。

 

 

■□■ 最後に ■□■

 

いかがでしたでしょうか?

 

今年に七五三をする予定の子供さんが
いらっしゃる方は、七五三をする日が
とても待ち遠しいことでしょう。

 

最近は、記念撮影だけでお参りをしない方が
増えているようですが、ちゃんと神社に
お参りに行くことをおすすめします。

 

そして、子供が無事に育ったことを
感謝しましょう。

 

 

七五三衣装レンタル 京の夢小路

 



七五三の事前準備とスケジュール いつ何から始める?

■□■ 七五三の当日はなにをするの?準備はいつから始める? ■□■

 

一般的な七五三の当日の流れと準備のダンドリスケジュールをご紹介します。七五三を成功させるコツは、早めに日程を決めて動き出すこと!早い時期なら神社や写真館などでも希望の日程で予約が取りやすいですし、割引価格や特典がつくケースもあります。

 

 

■□■ 七五三の準備について、ダンドリ&スケジュールを確認しよう! ■□■

 

● 半年前(5月中旬頃~)
情報収集スタート

 

雑誌、ネットなどを利用して、七五三の情報を集めましょう。七五三体験済みのママ友から聞いてみるのもOK。

 

お参りはどこでする?
記念撮影とお参りを同じ日にするか?
撮影はどこにお願いするか?
食事会はどこでするか?
和装か洋装か?
購入、レンタルどちらがいいか?

 
などをチェックしておきます。
写真館、デパート、ホテルなどは6月頃から七五三プランが出ている場合が多いので、希望する日程が決まったら早めに予約をいれましょう。女の子の場合は、ヘアアレンジがきくようにこの頃から髪を伸ばしておくと便利です。

 

 

● 3カ月前(8月中旬~)

余裕のあるこの時期に前撮りを

写真撮影を11月15日前後に予定する場合、どんどん予約で埋まってしまうので、撮影を依頼する場合は遅くてもこの時期に予約を入れましょう。

 
記念撮影のみ早めに済ませてしまう「前撮り」は、まだ混雑せずゆっくり衣装を選んで撮影でき、子どもの負担も軽減することができるこのタイミングを狙って。スタジオによっては七五三の当日近くよりもパック内容が充実しているところもあります。

 
衣装をレンタルする場合も9月までに決定、予約しておくとよいでしょう。この時期を過ぎると予約が混みあうので、衣装も品薄になります。

 
購入の場合は、デパートなどの七五三フェアを利用して実際に試着をしてから決めましょう。
有名な神社など遠くの場所でお参りを予定する場合は、子どもの負担にならないか交通手段、駐車場なども確認しておきましょう。

 

 

● 2カ月(9月中旬~)
ご祈祷の予約をはじめましょう

衣装を購入する場合は子どもの成長を予測し、この時期に寸法を測り、サイズ調整しておくとよいでしょう。お下がりの着物は、クリーニングに出すなどのメンテナンスをし、子どもの体にあわせて肩揚げ、腰揚げなどの調整をしておきましょう。

写真館でセットになっていない、衣装を購入したお店と提携したヘアメイクのサロンなどがない場合は、着付けヘアメイクをしていただく美容室もチェックしておく必要が。
参拝する場合はそろそろご祈祷の予約を。その際、祈祷料の目安、時間も確認しておくとよいでしょう。親や親族が参加する場合は、早めに連絡するように。

 

● 1カ月前(10月中旬頃~)
パパ、ママ、兄弟の衣装を揃えて

パパや兄弟の衣装、ママも洋装の場合はこの時期に揃えておきましょう。食事会はそろそろ予約を。内祝いの準備もこの時期に済ませておくとスムーズです。

当日、雨天だった場合のことも予測して、雨天決行か中止か決めておきましょう。雨天決行なら雨具等の用意も必要になります。
雨天中止にする場合、予約済の写真撮影やご祈祷、食事会のキャンセル料などの確認もあらかじめしておけば、「こんなはずじゃなかった!」と慌てなくてすみます。

 

 

●(1週間前~前日)
レンタル衣裳が届く

衣装をレンタルした場合は、自宅に衣装が届いた後、小物まですべて試着させて必要なものが揃っているか確認します。
購入した場合も、レンタルの場合も当日慌てずにすむように一揃えにしておきましょう。
前日までに、神社へのお礼を包む袋と新札を準備します。紅白蝶結びの「水引」熨斗がついた祝儀袋に「御初穂料」または「御玉串料」と水引の上側に書き、下側には子どもの名前をフルネームで記入しましょう。

包む紙幣はピン札で、5000円~2万円程度(神社によって異なるので予め確認しておきましょう)を準備します。

 

 

■□■ 七五三当日のスケジュールを確認しよう! ■□■

 

■ 七五三当日は子どもが疲れないようなダンドリを

 
1.朝ごはん
空腹にならないように、朝ごはんはしっかり。途中でおなかがすいた時につまめるように、ひと口サイズのおにぎりやちょっとしたおやつなどを準備しておくと安心です。

2.美容院などで着付け・ヘアメイク
子どもの着付けとヘアメイクからスタート。子どもには、前開きのシャツを着用させておくと、ヘアメイクの後の着替えもスムーズになります。着付けの前にトイレを済ませておくことも忘れずに。

3.神社へ参拝・写真撮影
七五三行事のメインとなるお宮参り。祈祷中の様子を写真撮影するのは基本的にはNG。ただし、許可がとれる神社もあるので希望する場合は、必ず事前に確認しましょう。

4.食事会
神社にお参りしたあとは、両家の祖父母、親戚を招いてお祝いのお食事をする内々のお祝いスタイルが一般的ですが、地方によっては親戚一同が集まって盛大にお祝いする、ホテルなどの会場で披露宴を行うところもあるようです。 衣装は汚してしまわないように、事前に着替えさせるなど工夫を。

会食をする家族
事前に十分に準備していたとしても、当日スムーズにいくとは限らないのが子どもが主役の行事。でも、準備なしではさらに段取りが悪いものとなってしまいます。記念に残る七五三が成功するよう、早めに準備開始してくださいね。

 

七五三の記念撮影を検討中の方は
全国の写真館・フォトスタジオ情報を掲載しています。お住まいの地域や、「衣装レンタルあり」などのこだわり条件を選んで、あなたにピッタリのお店を探しましょう。

 

 

七五三衣装レンタル 京の夢小路

 



2015年(平成27年)の七五三 日取りと年齢早見表

2015年の七五三の日は日曜日!人気の11月15日は早めの予約を

11月15日は「七五三の日」。
2015年は日曜日で先勝にあたるため、午前中の予約は特に混みあう可能性が高いと予想されます。

七五三は必ず11月15日にお参りする必要はありませんが、昔ながらの日程にこだわりたいという方は早めに衣装や神社の予約をしたほうが良いでしょう。

 

 

■□■ あえて秋にやらないという選択肢 ■□■

 
11月15日の七五三の日や、その前後である10月~12月初旬は七五三のハイシーズンと言えますが、あえてその時期にやらないという選択をする家庭も増えています。

 
その理由としては、混雑しない神社・お寺でのんびりとお祝いできる、写真館や衣装レンタルの際にシーズンオフのお得なプランがある…などのメリットが挙げられます。

 

『夫婦でシーズンオフを希望していたが、祖父母に反対された』といった体験談もありますので、それぞれの地域・家庭の慣わしや考え方を事前に確認し、早めに相談をして後悔のないように計画を立ててくださいね。

 

■□■ 2015年版 七五三年齢早見表 ■□■

 
2015年に七五三を行う年齢の生年早見表です。いつやったらいいの?と迷った時の確認にご利用ください。

 

満年齢 数え年
西暦 元号 西暦 元号
3才 2012年生まれ 平成24年生まれ 2013年生まれ 平成25年生まれ
5才 2010年生まれ 平成22年生まれ 2011年生まれ 平成23年生まれ
7才 2008年生まれ 平成20年生まれ 2009年生まれ 平成21年生まれ

 

七五三はかつては数え年で行っていましたが、現在では満年齢で行う家庭も多く、どちらでも良いという考え方が広く定着しています。

 

満年齢とは? 満年齢とは、普段から一般的に使用されている年齢の数え方で、生まれた日を0歳として数え始め、1年間が過ぎるごとに1歳、2歳、3歳・・・と年齢を加えていく考え方です。

 

数え年とは? 数え年とは、古くから日本でも使われていた年齢の数え方で、生まれた日を1歳として、元旦を迎えるごとに1歳ずつ加えていく考え方です。

 

 

■□■ 満年齢・数え年 どちらの年に行うかを決めるときのポイント ■□■

 
満年齢・数え年どちらで行っても構いませんが、以下のポイントで判断する家庭が多いようです。

 

子供の成長具合で決める(数え年で3歳は生まれた日によってはまだ小さすぎてお参りが大変、衣装のサイズが合わない…等)
地域の風習や両家の家族の慣わしに従う
兄弟姉妹で同時に行えるように前後の年で調整する
7歳の七五三は小学校入学前の平日に済ませる(幼稚園や保育園のほうがお休みしやすいことから、満6歳のうちに済ませるということも)
どちらの年に行うとしても、家族や主役であるお子さまが楽しく思い出に残る一日にできることを優先して選びたいものですね。

 

 

七五三衣装レンタル 京の夢小路

 



七五三の基礎知識 起源とお祝いの意味

■□■ 七五三の基礎知識 起源とお祝いの意味 ■□■
■□■ 七五三って? ■□■

 
鳥居と千歳飴
毎年11月ごろになると、千歳飴を手にして華やかに装った子どもたちで神社や街がにぎわいます。七五三の参拝に向かう子どもたちの顔を見ると、楽しそうだったり、緊張していたり。見ている側のお祝いムードも高まります。

ましてや自分の子どもが七五三を迎えるとなれば、精一杯お祝いをしてあげたいと願う方も多いのではないでしょうか。

 

七五三は今では毎年の恒例行事となっています。ところで、もともとは七五三とはどのようなものだったのでしょうか。

こんなに身近な生活に溶け込んでいながら、七五三の由来を考えてみる機会は現在ほとんどありません。そこで、歴史を遡って七五三の起源をのぞいてみましょう。

 

七五三の起源とは?
七五三の男の子と女の子
七五三は、古来より続いてきた人生の通過儀礼の1つ。子どもが無事に成長したことを感謝し、将来の幸福と長寿をお祈りします。

 

昔は高い確率で乳幼児が亡くなってしまいました。病気などが原因です。そこで、子どもが7歳になるまでの間に様々な儀式が行われることになります。そのうち朝廷や貴族の間で行われていた3つの儀式が、現在の七五三の起源となっています。
では、具体的にそれらの儀式はどのようなものだったのでしょうか。

 

 

その3つの儀式は、子どもが3歳、5歳、7歳になったときに行われるものです。現在と同様、男の子と女の子で行う儀式が異なります。

 
1つめの儀式は、3歳の男の子と女の子を対象にした「髪置き(かみおき)」。

これは、ずっと剃っていた髪を伸ばし始める儀式です。

 

2つめは「袴着(はかまぎ)」。この儀式で、5歳になった男の子は初めて袴をつけます。

 

そして3つめが、7歳の女の子の「帯解(おびとき)」。それまで着ていた着物から付け紐を取り、大人と同じ帯を使い始めます。

 
こうして見ると、これら3つの儀式はそれぞれ、子どもが成長したことを示す節目となる出来事を取り上げています。きっと昔の人々は、これらの儀式を通じて、子どもが病気にならずに無事に成長した様子を喜んだことでしょう。

 

■□■ 七五三の起源 ■□■

 
髪置き 3歳 男の子・女の子 剃っていた髪を伸ばし始める
袴着 5歳 男の子 初めて袴をつける
帯解 7歳 女の子 付け紐を取り、帯を使い始める
その後長い時間を経て、これらの儀式が朝廷や貴族から武家や商人、庶民へと次第に広まってゆきました。その過程で、初めは3つのばらばらの儀式だったものが、1つの行事としてとらえられるようになります。
こうして生まれたのが、現在の七五三と呼ばれる行事です。

 

このように歴史を紐解いてみると、はるか昔の時代も、今も、親がその子どもたちの成長と健康を願う気持ちは変わらないことが伝わってきます。

 

 

■□■ 現在の七五三って? ■□■

 
傘を差している七五三の女の子
現在の七五三は、3歳、5歳、7歳の節目に、子どもたちの健やかな成長をお祝いします。多くの家族が、神社への参拝や写真館などでの記念撮影、家族でのお食事会などを一般的に行うようです。

 

 

現在の七五三の慣習をおおまかに説明すると、次のようになります。

 
まず、神社に参拝する日付は、縁起の良いとされる11月15日とされていますが、その付近の休日に家族みんなで出かけるというご家庭も多いようです。

 
また、写真館で記念写真を撮影する場合は、混む11月半ばの日程を避けて前撮りするのも一案です。

 
祝う子どもの年齢ですが、数え年と満年齢の両方が用いられています。よって、正確には2歳半~3歳半、4歳半~5歳半、6歳半~7歳半くらいのタイミングで行うことになります。
正装となる子どもの服装は、性別や年齢によって異なります。髪型や親・祖父母の服装などにも気配りが必要です。

 

その他にも考えるべきことがいっぱいで、つい面倒に感じてしまうこともあるかもしれません。しかし1番大切なのは、七五三だからこれをしなくてはいけないという義務ではなく、はるか昔から現在まで引き継いできた子どもの成長と健康を願い、祝うという気持ちです。

 

親にとっても、そして祝われた子どもたちにとっても、思い出に残る七五三にしてくださいね。

 

 

七五三衣装レンタル 京の夢小路

 



可愛い七五三の髪型・ヘアアレンジ術

■□■ 可愛い七五三の髪型・ヘアアレンジ術 ■□■

 

そもそも七五三の起源となる儀式は、髪置きや袴着、帯解など髪型や服装に関わるものでした。

 

 

■ 七五三の起源

 
髪置き 3歳 男の子・女の子 剃っていた髪を伸ばし始める
袴着 5歳 男の子 初めて袴をつける
帯解 7歳 女の子 付け紐を取り、帯を使い始める

 

なので当然、現代の七五三においてもお祝いする際の髪型や服装は重要な要素です。では、具体的にどのような髪型や服装に関する伝統があるのでしょうか。まずは、髪型に注目してみましょう。

 

 

■□■ 3歳の髪型は? ■□■

 

753-3

 
3歳で行う「髪置き」は、それまで剃っていた髪を初めて伸ばし始める儀式でした。

現在では、特に女の子の場合は3歳になると既に髪を伸ばしている子も多く、七五三のヘアスタイルも多様化しました。

 

女の子の場合は、お花の髪飾りのついたアップヘアが華やかで七五三にぴったり。髪の長さやボリュームが足りない場合はウィッグで対応できます。

お花の髪飾りは、複数の小さめの花が長く垂れたものや大輪のものなど、種類が豊富にあるので見ているだけでも気分が高まります。

衣装や本人の好みに合ったものもきっと見つかるはずです。

 

男の子の場合は、ワックスやムースなどを使って形を整え、スプレーで仕上げて少々暴れても髪が乱れないようにしてあげましょう。

 

 

■□■ 5歳の髪型は? ■□■

753-5
袴を着た5歳の男の子
5歳のお祝いの起源は、初めて袴をつける「袴着」の儀式。お祝いする男の子の髪型は3歳とほぼ同じです。ワックスなどで形を整え、最後にスプレーで仕上げます。

つんつんとさせて袴に似合う威勢の良さを表現したり、毛先を散らす程度に抑えて大人っぽくしたり、雰囲気作りを工夫すれば子どもも気に入るはず。

3歳でお祝いしたときと比べた髪の量や質の変化から、子どもの成長を実感できるかもしれません。

 

 

■□■ 7歳の髪型は? ■□■

 

SONY DSC

七五三の髪飾りを着けている7歳の女の子
7歳は大人と同じ着物を着始める「帯解」の儀式がその起源にあります。せっかくですので、可能ならば7歳のお祝いは和装を選びたいもの。髪型は、日本髪に結うと着物にぴったり合います。かんざしや花の髪飾りをつけて華やかにします。

 

スポーツをやっている子や、活発な雰囲気が好きという女の子はショートヘアにしていることも多いかと思います。その場合、ウィッグを利用する方法と、ショートヘアを活かした髪型にする方法の2つが考えられます。

 
ウィッグを使用する場合は、地毛とウィッグの境目に髪飾りをつけると不自然になりません。特に着物にはボリュームがあるヘアスタイルが映えますので、ウィッグを利用する価値は大いにあると言えそうです。

 
ショートヘアを活かした髪型の場合は、思い切った雰囲気作りをすると素敵な仕上がりになります。例えばレトロな短めの前髪のおかっぱなどが考えられます。大輪の花飾りをつければ、ムードがより盛り上がります。

 

洋装の場合も、華やかにまとめると良いでしょう。カチューシャやリボンなどを利用すれば、いつもと違うヘアアレンジが楽しめます。

 

 

自前でする?プロにやってもらう?
メイクをしてもらっている女の子
髪型のアレンジを自前でするか、プロにやってもらうか、悩むところです。特に女の子の場合は、自分では手に負えないと感じる人も多いはず。そのような場合はプロに任せてしまいましょう。

 

プロに任せる利点は、手慣れたプロが、かわいくかつ短時間で仕上げてくれる点と言えます。美容室や着物レンタル店などを利用しましょう。

着付けからヘアメイクまで全てお願いすることができるお店が大半ですので、まとめて頼んでしまうのも1つの方法です。

スタジオで写真撮影をする場合は、衣装からヘアメイクまでがセットになったプランを利用すると楽に支度ができます。各写真館でプランが異なりますので、比較してぴったり合うところを選んでください。

自前でやる場合は、事前に準備と練習をしておくことが重要になります。どんなに万全の準備をしたと思っていても、お参り当日はバタバタしてしまうもの。できることは前もって用意しておくのが無難となります。
髪型のイメージを固めるためには、インターネットの画像検索や写真館の髪型ギャラリーなどが参考になります。

やりたい髪型が決まったら「どんな髪型にするか」「どうすればその髪型にできるか」を調べておきましょう。それをもとに実際にやってみて、できるようであれば自前で、難しいと感じたら任せてしまうなどの判断をします。
自前でやるのは大変ですが、準備自体を楽しめればその分思い出もたくさん残るはずです。他の準備にかける時間と労力のバランスを考えて、親子で挑戦してみても良いかもしれませんね。

 

 
七五三衣装レンタル 京の夢小路

 



和装派?洋装派?七五三の衣装選び

■□■ 和装派?洋装派?七五三の衣装選び ■□■

 

七五三の衣装ってなにがあるの?
七五三で正装をした子供の姿。日本人なら思わず目を細めてしまう光景ですね。我が子ならまさに感無量。我が子に初めての着物(和装)をチャレンジさせるのか、いや、かわいいドレスやカッコいいスーツ姿も見てみたい…。

 
ここでは、七五三の衣装について、性別・年齢別で基本と選び方のポイントをご紹介します。衣装はレンタル・購入どちらがおトク?といった気になる情報もあわせてアドバイス。

 

和装の場合
七五三の基本は和装。日本人ならではの正装で成長した我が子の姿に、ジーンとしてしまうママ、パパも多いはず。

 

ただし、子供にとっては慣れない着物で不機嫌になり、せっかくのイベントが台無しになる場合も。我が子の正装をキレイに写真に収めるには、着付けから撮影終了までの時間が短い写真館やスタジオでの前撮りをオススメします。

 

 

■□■ 3歳女の子 (3歳女児) ■□■

 

 

着物を着た3歳の女の子

 

753女装
着物小物図解(イメージ)

 

 
● 3歳女児には着くずれしにくい被布(ひふ)を着用

3歳女児の場合、きちんと帯を結んで晴れ着を着せることもありますが、苦しくて嫌がることが多いので、着物を生地がやわらかくて幅広の兵児帯(へこおび)でおさえ、着物の上に「被布(ひふ)」と呼ばれる袖なし、衿つきの半コートのような上着を着せるのが一般的。着くずれしにくく、動きやすいので3歳の女の子でもラクチンです。頭にかわいい髪飾りをつけ、手元に巾着を持たせて完成。軽く口紅をつけてあげても。

 

必要なもの
着物、被布、兵児帯、長襦袢、半衿、重ね衿、肌着、裾よけ、お守り袋、腰ひも、足袋、草履、髪飾り、バッグ(巾着)など。

 

● 3歳男児の七五三って??

最近の風潮では、女児が3歳と7歳、男児が5歳で七五三はお祝いするとされていますが、地方によっては、3歳は男女ともに七五三のお祝いをすることもあります。

もちろん、自分の地域に風習がなくても、親がしてあげたいと思ったら、3歳男児の七五三もOK。もちろん三歳男児用の羽織袴もあります。写真館やレンタルでも準備されている場合が多いですので、「3歳男児の七五三衣装はありますか?」と気軽に問い合わせしてみてくださいね。

 
また、羽織袴だと着くずれが心配という場合、3歳女児と同様に被布を着せてあげるのがよいでしょう。3歳男児用のかっこいいものもありますよ。

 
もちろん、スーツ姿などもなかなかオツなもの。幼稚園の入園式や発表会、親戚の結婚式に出席するといった行事にも使えますので、この機会に揃えるのもいいかもしれません。

 

 

■□■ 5歳男の子 (5歳男児)■□■

 

袴を着た5歳の男の子

753男装
着物小物図解

 

 

●紋付羽織袴で凛々しく

 

 

5歳男児の和装は紋付羽織袴が基本です。はじめて袴をつける儀式として、地方によっては、吉方に向かい親族が袴のひもを結んであげる風習があるところもあるそうです。

 

紋付の着物と揃いの羽織にあわせて、無地や縞、柄物の袴を着ます。着物の下には白い長襦袢、履物は、白足袋に、白い鼻緒の雪駄、白い扇子に白い懐剣を身につけます。

 

必要なもの
着物、羽織、袴、羽織ひも、長襦袢、半衿、角帯、懐剣、白扇、お守り袋、腰ひも、足袋、雪駄など

 

 

■□■ 7歳女の子 (7歳女児)■□■

振袖を着た7歳の女の子

753-7女装
着物小物図解

 

●大人と同じ振袖に帯を結びます

 

7歳の七五三は、はじめて帯を結び着物を着るお祝い。大人と同じ寸法の振袖を子供の体に着物の寸法を直す「肩揚げ」、「腰揚げ」をして着ます。

 
箱せこ(はこせこ)と呼ばれるかつて武士の女性が使っていた懐紙入れと扇子を胸元に入れ、志古貴(しごき)という芯のない帯を帯の下に結んで飾ります。手元にはハンドバック、足元は草履が基本ですが、ぽっくりを履かせてもかわいく見えます。

 

必要なもの
着物、帯、長襦袢、半衿、重ね衿、帯揚げ、帯締め、志古貴、伊達締め、帯板、帯枕、肌着、裾よけ、筥迫、扇子、お守り袋、腰ひも、足袋、草履、髪飾り、バッグなど

 

 

■□■ 洋装の場合 ■□■

 
新調するときは、ほかの行事にも着られるものを選ぶのがベスト。

お姫様みたいなドレス、カッコいいスーツなど、衣装がたくさん選べ非日常気分が楽しめるのは写真館やスタジオでのレンタル。暖かい屋内での撮影で、外を歩きまわることもないので子供にもストレスが少なく、ママも安心です。最近は、洋装は前撮りで、当日は和装というケースも多いようです。
また、お転婆な3歳女児や男児の場合、前撮りで和装、当日は洋装という方法も。

 

● 3歳 女の子

 

上品なドレスに髪型でアレンジを

 

洋装の場合の基本はワンピースやドレスなど。シックで上品なベロア素材のドレスは定番的な人気です。髪型はふわふわにまとめた髪のトップにくし型のティアラを挿したり、カチューシャやモチーフつきのヘアゴムをつけたり、ヘアアレンジで華やかに。

 

● 5歳 男の子

753洋装

タキシードを着た5歳の男の子
発表会などでも使えるものが◎

 

新調する場合は、入学式や発表会などにも使えるスーツやブレザーで、ハーフパンツにジャケット、ネクタイというのが一般的です。着慣れないジャケットやスーツでもやんちゃに動きまわる男の子にはサスペンダーがあると便利。

ネクタイは蝶ネクタイを使うとドレスアップ感にある特別な装いになります。足元は白や黒、紺のソックスに革靴がよいでしょう。

 

● 7歳 女の子

 

ちょっぴり大人なメイクも

七五三以外に学校行事などで活用できる、ブレザーやスーツ、ワンピース、アンサンブルが人気です。そこに、コサージュやバック、ファーなどの小物で遊びをプラスすると華やかな印象に。メイクは少し大人っぽくても◎。

かわいいドレスを着てお姫様のように華やかに着飾りたい場合は、スタジオなどの前撮りでレンタルを利用するのが手です。

 

 

■□■ レンタル・購入どちらがおトク? ■□■

 
同性の兄弟がいる、親戚へのお下がりの予定がある、発表会などのイベントがある、など今後も使いまわすケースは購入を検討したほうが◎。

気になる価格ですが、ネットオークションやディスカウントショップを利用すれば、一度着用しただけの着物が割安な価格で探すことができます。

洋装の場合は、着回しができるシンプルなものを選ぶとよいでしょう。

 
デザイナーブランドの着物、トレンドのドレス、アイドル顔負けの衣装など、複数試してみたい場合には、選択肢の多いレンタルが断然オススメ。

衣装にあわせた小物もレンタルできるのもメリットといえます。

 

 
七五三衣装レンタル 京の夢小路